大町エネルギー博物館の画像

大町エネルギー博物館のアイコン大町エネルギー博物館科学と不思議が出会う遊びとくつろぎの空間

大町エネルギー博物館のフェイスブック  大町エネルギー博物館のインスタグラム  大町エネルギー博物館のツイッター  大町エネルギー博物館のブログ

SINCE1982



【OPEN】 09:00 ~ 16:30

  ※ 最終受付は、終了時刻の 30 分前まで

【お休み】水 木

  ※ 8/14(水)~15(木)開館 8/19(月)~20(火)振替休館 12月~3月冬期休館


〒398-0001 長野県大町市平2112-38

 地図表示

 どうやって行く?


 

fax: 

 

 お知らせ

次のとおり入館料を改訂します。
大人400円➡500円 中学生300円➡400円
小学生200円(変更なし)

料 金

【入館料】
大 人 500円 パスポート(1年間有効)2,000円
中学生・モンベルクラブメンバー 400円
小学生 200円
幼 児 保護者1名につき1名無料
※団体(30名以上)1割引
JAFF他各種割引有(窓口でご確認ください)


【プラネタリウム】
 300円(3才以上)

PDF

大町少年少女発明クラブ

6月23日(日)10時~ 令和6年度開講式を行います。

昨年度の活動内容は⇓PDFをご覧ください。

リンク

PDF

縄文野焼き体験

縄文野焼き体験の画像

共催:ゆるBASE・ALPおっさんの会/TEAM ALP pj


【6月コース】
6/18(火)ワークショップ
6/25(火) 本作陶

8/4(日)野焼き

定員:各コース先着16名
参加費:一般2,000円 中高生1,500円

申込・問い合わせ
 ➡ 070-8403-5487(向井)



PDF

薪バス『もくちゃん』

薪バス『もくちゃん』の画像

もくちゃんは、昔なつかしいボンネット型バスです。標高瀬渓谷の大自然の中、龍神湖展望広場までの標高差130メートルを、ゆっくり登っていきます。映画『トトロ』に出てきた猫バス的な小旅行はいかがですか?あんなに速くないですけどね。というか遅いですが...(笑)

ご入館いただいた方は無料でご乗車頂けます。なお、現在はガソリンでの走行となっています。

【運行日時】土・日曜日、祝祭日
     11:30〜12:00
     13:30〜14:00

  
【定員】12名(先着順、予約がお勧めです。)

 

PDF

プラネタリウム

プラネタリウムの画像

新システム『Mitaka』で地球を離れて、宇宙の大規模構造までの莫大なスケールを移動しながら最新の観測データや理論モデルをリアルタイムに視点を変えて観察します。
 地球に帰還後、北アルプスを背景に満天の星空、喜多郎オリジナルBGMと生解説でロマンの世界を満喫。

【投影時間】
 土日祝祭日
  10:30~11:20
  14:30~15:20
 ※団体向け臨時投影承ります

【料金】 300円(入館料とは別)

 

フォーマルハウト☆彡

フォーマルハウト☆彡の画像

大町エネルギー博物館友の会
「フォーマルハウト」

大町エネルギー博物館(長野県大町市)を拠点として、星空を見たり、プラネタリウム番組を 作っているグループです。また、一般向けの観測会をおこなったり、毎年11月第三日曜日の前日には大町エネルギー博物館で「星空まつり」というイベントを開催しています。

「フォーマルハウト」とは、秋の空にみえる南の魚座の一等星の名前です。

リンク

展示室

展示室の画像

熱、光、運動、電気など様々なものに変わり、直接見ることが難しい「エネルギー」の基礎について、各種模型や実験装置などにより楽しく学ぶことができます。

また、身近な力学を体験できるゲームやパズルなど、自分の手足を使って遊ぶ玩具も充実しています。

PDF

屋外展示(水車・発電機ほか)

屋外展示(水車・発電機ほか)の画像

現役を引退した本物の水車発電機などが展示されています。

水力エネルギー開発の歴史に思いを馳せ、エネルギーの流れについて考えてみる。そんなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

PDF

企画展示「北アルプスの自然と山岳環境」

企画展示「北アルプスの自然と山岳環境」の画像

北アルプスジオラマを活用した企画展示です。北アルプスの気象と山岳環境をテーマに展示しています。2017年度「北アルプス周辺の紅葉のみごろ」、2018年度「北アルプスと雪」2019年度~「北アルプスと降雨」

リンク











【大町エネルギー博物館】は、自動ホームページ作成システム ePage を使って作成されています。